GreenDrive株式会社
文字サイズ
       採用窓口
0120-542-492
月~金 8:30~18:30 土 8:30~17:00(日・祝を除く)
   

ロングインタビュー

【No.7】野田諒さん

年齢:34歳
出身地:千葉県
ドライバー経験:6年
ご家族:独身

前職の経験も活かし、楽しみながら仕事に取り組むことができています。

前職はどのようなお仕事をしていましたか?
昔から車が好きで整備の仕事がしたいと思っていたので、整備工場に就職しました。最初は慣れない作業ばかりで毎日大変でしたが、大好きな車を整備できることに幸せを感じていました。車のことは一通り勉強し、二級整備士の資格も持っていましたが、実際に仕事をすることは簡単ではありません。長く働いているうちに、肉体的にも精神的にも苦痛を伴うことが増えていったのです。
 
小さな整備工場ということもあり同期はおらず、仕事の愚痴を言える相手も職場にはいませんでした。仕事中はそこまで気にならなかったのですが、休憩時間は誰とも会話せず気づけばいつも一人で過ごしていることが増えていったのです。経験を積んでいくにつれて、より早く正確な整備を求められスキルアップを促されるのですが、肉体的にも精神的にも限界を感じ始めていたので、やる気がないと怒られることも多く、毎日憂鬱な気持ちで職場に向かう日々でした。
転職をしようと決めたきっかけは?
転職を決意した理由は、職場の人間関係と給料の低さでした。サービス残業は当たり前だと言われ、12時間以上の労働になる日も多く、その割に給料が低いことが気になっていたのです。整備業界は全体的に賃金が安いと言われているのは知っていましたが、ここまでとは思いませんでした。新しい整備内容が増えれば、勉強のため休日であっても研修会にも出席しなくてはいけませんし、会社からは新しい資格まで取るように言われ、あまりの過労働に耐え切れず退職することを決意しました。
 
その当時交際していた彼女もいて、いずれは結婚する予定でしたので経済的な面も考慮し、このままではいけないと思うようになりました。あれだけ好きだった車も、実際に働いていくとどんどん嫌いになっていくことを実感していて、好きなことを仕事にすると長続きしないと親に言われた言葉が胸に突き刺さりました。彼女との結婚に向けても、自分自身の為にも転職が一番だと実感しました。
グリーンドライブで働くことを決めたきっかけはなんですか?
転職に際して、まず前職よりも給料の高い仕事を条件に探していました。あとはやはり好きな車に関わる仕事が見つかればいいなという思いもありました。色々な業界を調べている中でグリーンドライブの求人情報を目にした際、車好きの私にとってドライバーの仕事は非常に魅力的だと感じました。また運送業という昨今非常に注目されている業界であることも興味が湧いたポイントです。
 
ドライバーという車に関わりのある仕事とはいえ、その仕事内容は前職とは全く異なるものでしたので最初はとても不安でしたが、説明会に参加した際スタッフの方に研修制度や「ドライバー第一主義」と掲げたサポート体制も充実していることを丁寧に説明いただき、「自分でもやっていけそうだ!」と自信を持てたことがグリーンドライブで働くことを決めたきっかけです。
実際グリーンドライブで働いてみて感じる事はありますか?
車が好きという気持ちと整備職の経験が生かされ、配送の仕事は自分には向いていると感じています。突発的な配送車の不調やトラブルにも、よほどのことが無い限り自分自身で解決することができ、修理費などの節約に大きく役立っています(笑)
 
また、仕事柄いろんな土地に行く事も仕事の楽しみです。初めての土地の景色や風景を見るのも良いですが、一番はその地域で有名なお店でランチを食べることですね。よく仕事の前日に配送地域周辺のグルメ情報をチェックしています。自分自身で楽しみを見つけながら、収入面でも以前よりも大きく稼ぐことができているので毎日がとても充実していますし、彼女からも「転職して笑顔が戻ったね!」と言われるようになりました。
将来の夢や目標を教えてください。
将来的には自分で中古車販売のお店をやりたいなと思っています。今の私にとってはとても大きな目標ですが、いつか叶えられたらなと思っています。大好きな車を集め、同じように車が好きな人が集まるお店が経営できたら、こんな幸せなことはありません。その実現に向けて、現在は休日や空いた時間を利用して経営などについても勉強している最中です。
 
そしてプライベートでは来年彼女との結婚が決まりました。転職する前の僕を一番心配して側にいてくれた彼女に対して、今度は僕が恩返しをしていくつもりです。いずれ子供が生まれて大きくなったら、僕が運転する車の助手席に乗せて色んな場所にドライブに行きたいですね。そのためにもこれからもバリバリ働いていきたいと思っています。